青汁で350gの野菜を摂れるのか?

1日の野菜の摂取目標量は350g以上です。

しかし、外食やインスタント食品が多くなると目標量に達することが難しいです。青汁は野菜を手軽に補える飲み物です。青汁で野菜を350g摂ることはできるのでしょうか。

野菜350gはどれくらい?

厚生労働省では野菜の摂取目標量を1日350g以上としています。350gといってもどれくらいかすぐには想像できないと思います。具体的にはどれくらいなのでしょうか。

350gは両手に山盛りくらいです。こんなにたくさん、と思うかもしれませんが、加熱するとかさが減るので意外と食べられることがあります。

健康に生活するためにはさまざまな栄養が必要で、いろいろな栄養を摂るためにはいろいろな食品を食べる必要があります。350gを一種類の野菜で摂るのではなく、複数の種類の野菜から摂取します。

青汁で350gの野菜を摂れるのか?

青汁の説明を読むと、ほうれん草の何倍の鉄分、キャベツの何倍の食物繊維など記載されていて、青汁を1杯飲んだだけでもたくさんの野菜を摂れるような気がしますよね。しかし、思っているほどには野菜を摂れていません。

製品にもよりますが、青汁1杯で50~100g相当の野菜を摂取できます。350gの野菜を1杯で摂ることはできませんが、目標量まであと80g程度の野菜が不足しているといわれていて、青汁1杯で不足分を補うことができます。

しかし、インスタント食品などをよく食べている方は食事からの野菜摂取量が少ないので、青汁1杯飲んだだけでは不足分を補うことはできません。

食事でも取り入れよう

350gの内訳は、緑黄色野菜120g、淡色野菜230gです。青汁はケール、大麦若葉、明日葉など緑黄色野菜を使用しているので、食事から淡色野菜を食べるとよいでしょう。淡色野菜とは色が薄い野菜で、キャベツ、もやし、白菜、レタスなどがあります。

1皿70gとして1日5皿の野菜を食べることが目標です。ほうれん草のおひたし、きんぴらごぼうなどいろいろなものを食べましょう。